Amazonの返品条件についてどこよりもわかりやすく解説!【交換できる?送料は?元払い?着払い?開封済みでも返品できる?】

Amazonで買った商品が、

不具合がある!

壊れていた!

サイズが合わない!

イメージと違う!

でもこの商品、返品できるのかな?

と思うこと、ありますよね。

この記事でははAmazonの返品条件についてわかりやすく説明します。

返品の可否は販売元や返品理由によって異なるので、しっかりチェックしてくださいね。

この商品返品できる?

まずはその商品が「Amazonが発送する商品」なのか「マーケットプレイスの出品者が発送する商品」なのかを確認しましょう。

Amazon販売・FBA・マーケットプレイスなどAmazonの販売形式の違いは下の記事に詳しくまとめてます。

それぞれの販売形式の返品事情についてはざっくり下記のようになります。

Amazonが販売・発送を行う商品

・Amazonが定める返品条件が適用され、Amazonが返品処理を行います。

・商品の不具合の場合、在庫があれば交換も可能です。

FBA(出品者が販売してAmazonが発送を代行する商品)

・Amazonが定める返品条件が適用され、Amazonが返品処理を行います。

・商品の不具合であっても交換は不可。返品・返金の対応となります。

マーケットプレイス(出品者が販売と発送を行う商品)

・出品者ごとの返品条件が適用され、出品者が返品処理を行います。

・返品ポリシーや交換の可不可は出品者ごとに対応が異なるため、出品者への確認が必要です。

マーケットプレイスの商品は出品者ごとに対応が変わるので、今回はAmazonの返品ポリシーが適用されるAmazon販売とFBAについて説明します。

Amazonの返品条件とは?

Amazonが定める返品条件について説明します。

まず、原則として商品到着から30日以内の返品が必須です。

そして交換が可能なのはAmazonが販売と発送を行う商品のみで、出品者が販売する商品は交換不可です。

カテゴリによっては返品不可の商品もありますが、到着後30日以内、かつ未開封であればAmazon都合(不具合など)でも購入者都合(間違って購入した等)でも返品は可能です。

また、購入者都合の返品理由で、開封済みの場合でも30日以内であれば返品を受け付けてくれます。

ただし、購入者都合の返品理由で、開封済みの場合は商品代金から50%減額されての返金となり、返送の際の送料も購入者負担となりますので注意が必要です。

なお、やむを得ない事情で30日後の返品が必要になる場合はある程度柔軟に対応してくれる可能性もありますので、30日経過しているからと言って諦めないでください。

30日経過してからの返品の可不可は一度、カスタマーサービスに相談しましょう。

Amazonの返品ポリシーの詳細はヘルプページで確認できます。

返金額はいくらになるの?

上でも少し触れましたが、返品をした際の返金額は返品理由とカテゴリーによって異なります。

まずは返品理由がAmazon都合なのか、購入者都合なのかを考えましょう。

Amazon都合とは、購入者に否がない返品のことです。

具体的には、商品の初期不良、到着時の破損、注文したものと違うものが届いた、などです。

対して購入者都合とは購入者に否がある返品理由のことです。

具体的には間違えて購入した、必要がなくなった、他に安い商品を見つけた、などです。

Amazon都合の返品の場合

Amazon都合の返品の場合は、未開封でも開封済みでも送料や手数料も含めて、注文金額の全額が返金されます。

また、返送する際の送料はAmazonが負担するので、着払いで返送しましょう。

もし間違えて元払いで返送した場合は、送料が上乗せされて返金されますが、正しく判定されない可能性もあるので、必ず着払いで返送しましょう。

購入者都合の場合

購入者都合の返品は、未開封であれば注文金額から送料・手数料を差し引いた商品代金全額の返金になります。

開封済みの場合は送料・手数料を差し引いた商品代金から更に50%減額されての返金となります。

また、返送の際の送料は購入者負担となります。

着払いで返送した場合は返金金額から更に返送分の送料が減額されることとなります。

Amazon都合か購入者都合か判断がつかない場合はどうすればいいの?

返品の理由がどちら都合なのか微妙なときもありますよね。

そんなときはカスタマーサービスに相談するのがいいです。

オペレーターが適切に判断して返送方法も案内してくれます。

もしくは、迷ったときは着払いで返送しておけば到着時にAmazon側の判断の上で適切に返金の増減が行われるので、着払いで送ってしまうのもありだと思います。

例外

商品カテゴリーによっては購入者都合でも全額返金を受けられる場合や、返品を受け付けられないもの、返品方法が異なるものもあります。

例えば、ファッションカテゴリーの商品(服&ファッション小物、シューズ&バッグ、腕時計、ジュエリーなど)は試着のみの場合は返品理由にかかわらず商品代金全額の返金が受けらます。

試着して、サイズが合わなかったり自分に似合わないと思ったら返品が可能です。

また、ファッションカテゴリーの返送は着払いでOKです。

ただし、全額返金が受けられるのはあくまでも試着のみの場合です。

商品タグを切ってしまったり、箱を潰してしまったり、再販ができない状態での返品は開封済み商品として50%減額になるから注意が必要です。

他にはドラッグストア・ビューティーのカテゴリなど購入者都合での返品が受け付けられない商品もあるので、返品の際は都度Amazonの返品ヘルプページを確認してみましょう。

※繰り返しとなりますが、あくまでアマゾンが発送する商品にのみ適用される返品条件です。出品者が発送する商品は出品者ごとに返品条件が異なります。

まとめ

基本的にAmazonは返品に誠実に対応してくれます。

ただし、ルールを悪用したり、不自然な返品を繰り返したりするとアカウント停止などのペナルティがあるので、ルールとモラルをしっかり守りましょう。

判断に迷うときは事前にカスタマーサービスに相談するといいと思います。

カスタマーサービスへの連絡はチャットで問い合わせが便利です。

返品について適切に理解し、快適なAmazonライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。